酒井和歌子プロフィール

酒井和歌子さんのプロフィールを紹介
酒井和歌子
酒井和歌子(さかいわかこ)
酒井 和歌子(さかい わかこ、1949年4月15日 ‐ )は、女優。東京都出身。目白学園女子短大国文学科中退。血液型はB型。

来歴・人物
小学校4年の時に劇団若草に入団する。1962年の日活映画『目をつぶって突っ走れ』やテレビドラマに子役として出演する傍ら『女学生の友』など少女雑誌のモデルとして活躍。1964年の中学3年生の時にスカウトされ東宝に入社し、『今日もわれ大空にあり』に出演する。東宝は内藤洋子と共に青春スターとして売出しを図るが、どちらかといえば陽の内藤に比べると物静かで健気な役が多いためか陰の印象もあって、地味な助演が続いた。しかし、テレビでも出演した夏木陽介主演の青春学園シリーズの映画版『これが青春だ!』『でっかい太陽』『燃えろ!太陽』でメインの女子高生として出演。清純な女子高生役はさわやかな印象を残し、1967年度制作者協会新人賞を受賞するなど注目を得る。1968年には、初の主演作『めぐりあい』の成功で東宝の看板女優として認められ、ワコちゃんと呼ばれて人気を得る。以降、若大将シリーズ社会人篇でのヒロイン・節子役や『日本の青春』等の話題作にも主演した。長らく清純派女優と称されていたが、女優としての幅広さを求めて1976年の『妻と女の間』では、一時の愛に溺れる平凡な人妻役など過去のイメージを払拭するような激しい役をするようになる。同年、東宝を退職しフリーとなりテレビドラマに活躍の場を移し、主役から助演まで、清楚な役から悪女まで幅広い面で活躍している。



酒井和歌子Topページ




カテゴリから「エンタま」で紹介する人物をカンタンに検索できます。
タレント | 俳優
グラドル | セクシー女優
お笑い | 漫画・アニメ
ミュージシャン


[0]トップへ
(c)entama.info